乳腺の発達には、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が必要不可欠。

 

この2つの分泌量を増やすには、毎日の食事が大きくかかわってきます。

 

女性ホルモンの元になるのはタンパク質。

 

動物性と植物性に分かれますが、どちらも良質なものをバランスよく摂取することが大切です。

 

動物性タンパク質は魚や肉、チーズ、卵などが豊富です。

 

肉は低たんぱく低脂質でおなじみのササミや鶏胸肉がオススメです。

 

植物性タンパク質は大豆製品やわかめなどの海藻類を食べると良いでしょう。

 

特に大豆製品に含まれている大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た働きをしてくれるため更なるバストアップ効果が期待でるので、積極的に採りたいところ!

 

そのなかで、私がオススメしたいのは豆乳。

 

毎日の食生活に取り入れやすく、気が付いたときに飲むことが出来るので、手軽にイソフラボンとタンパク質を摂取できます。

 

朝起きてすぐ、コップ1杯の水の代わりに豆乳を飲むことを週間づければ飲み忘れ防止にもなりますし、水分不足になってる体への栄養補給になってちょうどいいと思いますよ♪

 

それと同時にボロンも一緒に摂ることで、ホルモンの分泌をさらに促してくれます。

 

ボロンとはリンゴやレーズンもそうですが、生のキャベツに多く含まれているので、上手く取り入れるようにしましょう。

キャベツにバストアップ効果があるって本当?

 

いろんな方法でバストアップを試している人は、キャベツに育乳効果があると言うことを聞いたことがありますか?

 

嫌いな人はともかく、ほとんどの人が毎日とはいかないけど、食べているのではないでしょうか!

 

そこで、キャベツには本当に育乳効果があるのか?

 

もしあるのであれば、それは率先して採り入れたいところです!

 

キャベツに育乳効果があるといわれる理由は、成分に「ボロン」と言う成分が含まれているからなのです。

 

ボロンは、ヨウ素の一種で、女性ホルモンをサポートする働きがあります。

 

育乳には女性ホルモンの分泌が大切な意味を持っているのはご存知ですね!

 

その女性ホルモンのなかでもとりわけ「エストロゲン」は育乳に欠かすことができない成分で、バストを形成している「乳腺」を発育させると言われています。

 

要するにキャベツに含まれるボロンはエストロゲンの分泌を増加させて、乳腺を刺激し、育乳を促す事になるのですね。

 

調べてみましたが、バストアップサプリメントにも配合されているので、女性らしさを導くボロンがホルモンの分泌を活発にしてくれるのはどうやら本当のようです。

 

そのようなことからキャベツは育乳に期待できる食材ではないかと考えられます。

 

それに、キャベツには妊活に必須と言われている「葉酸」も含まれています。

 

女性にとって嬉しい効果がキャベツには期待できそうです!

 

育乳に関わらず食事はバランス良く摂取することが基本ですが、キャベツはお手ごろ価格で栄養価も高く、毎日の食生活に容易に取り入れられる食材です。

 

サラダなどでそのまま食べる事ができるので、手間が無く積極的に取り入れることができますね。

 

もちろん、これらの食品以外にもバランスよく栄養を摂ることが大切ですので、偏った食生活にならないよう心がけましょう。

胸を大きくする食べ物と生活習慣

胸の大きさを左右する原因を大きく分けると食生活や生活習慣です。

 

ホルモンバランスが胸の大きさに関係するとは先に述べましたが、そのホルモンバランスを決定づけるのは主に食事や生活習慣です。

 

気軽に実践できる対策をまとめてみましたので、試してみてください。

食生活

 

食事で摂る栄養素によって体は作られていきます。

 

胸を大きくしたいなら、タンパク質とイソフラボンを意識して摂るようにしましょう!

 

タンパク質は筋肉や血液を作る働きがあり、イソフラボンには女性ホルモンを活性化させる働きがあります。

 

そして、この二つを同時に摂れるおすすめの食品が「大豆」です。

 

植物性タンパク質とイソフラボンが豊富なうえに低脂質と優秀な食品なのです。

 

納豆や味噌といった加工食品も多いので、毎日手軽に食べている方も多いでしょう。

 

低脂質高タンパクでお馴染みの「鶏胸肉」「ささみ」もおすすめですよ!

 

他にはエストロゲンの働きを高める成分をもつ「キャベツ」や、コラーゲン生成を助けるビタミンCが豊富な「いちご」も積極的に食べるようにすると良いでしょう♪

 

特にキャベツに含まれる「ボロン」はバストアップサプリにも配合されている有効成分です。

 

バストに良いと言われる食べ物

たんぱく質    大豆製品・豆乳・豚ひれ肉・マグロ・卵・チーズ・大豆(豆乳)など
ボロン    きゃべつ・ブロッコリー・リンゴ・ぶどう・ナッツ・海藻など
ビタミンE   たらこ・アーモンド・赤ピーマン・うなぎ・アボカド・モロヘイヤ
など

 

良質な睡眠

成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。

 

これにより、体の細胞の多くが生まれ変わる準備を始めるのです。

 

ただし眠りが浅いとうまく分泌されない可能性もあります。

 

大切なのは量より質です。

 

質の良い睡眠のためには、寝る前にテレビや携帯の光を見ない、ゆったりとした音楽を流してリラックスさせるなどといった工夫が必要です。

適度な運動

 

激しい運動は脂肪燃焼効果が高いですが、同時に胸も小さくなってしまった!なんてことも。

 

だからと言って、運動しないのはバストアップだけでなく体にとってもNG。

 

毎日ジョギングしたり、大胸筋を含めた上半身を鍛える筋トレができればベストですが、そこまで気を張る必要はありません。

 

例えば、普段からエレベーターでなく階段を使う、速足で歩く……といった軽い運動を意識して、継続することが大切です。

 

TOPページではバストアップサプリの口コミまとめから効果検証して人気のベスト3商品をランキング形式で紹介しています。サプリの正しい飲み方やお得な販売店情報などを掲載しています