意外なことにバストの大きさに関係してくるのがブラジャー。

 

自分のバストサイズ合ったブラを正しく付けることにより、形を整えてくれるだけでなく、垂れ下がったり背中に脂肪が移動するのを防ぐことが可能です。

 

そのためにもブラシャーを購入する際、自分に合っているかどうか試着してから買うことがオススメです!

 

試着の際にチェックしたいポイントは以下の通りです!

・カップの上辺や脇から肉がはみ出たり浮いていたりしないか
・胸の中心部分が食い込んだり浮いたりしていないか
・アンダー部分がきつかったり、動いたときにずれたりしないか
・ストラップやワイヤーが食い込んで痛みがあったり、ずれたりしないか

 

チェックポイントをクリアしたら、試着してみましょう。

 

1, ストラップを肩にかけ、前かがみになりながらバストにカップを被せてホックを留める。

2. 前かがみのままブラジャーの下部分を左手で押さえ、右手で脇や背中から脂肪を集めてカップに入れる。(右側も同様に行います。)

3. 上体を起こしたらストラップの長さを指1本入る程度に調整する。

 

鎖骨と鎖骨の間の中心と、それぞれのバストトップを結ぶと正三角形になるように整えるのが一番美しいとされています。

 

また、育乳ブラと呼ばれるものもあります。

 

文字通り育乳することが目的の補正下着で、脇や背中の脂肪を胸に集めて形作ってしまおうというものです。

 

デザインもかわいいものが増えているので、悩んでいる方は一度選択候補に入れること良いでしょう!

 

バストを小さくしてしまうNGな行動

 

バストを大きくする方法を紹介しましたが、逆に小さくなってしまう行動というのもあります。

 

例えば寝るときや運動するときにブラジャーを付けないこと。

 

バストはその大部分が脂肪ですので、激しいを運動して揺れるとそのまま胸のサイズも小さくなってしまったり、寝るときにブラを付けず、朝起きてみたらうつぶせ状態でバストを圧迫していて、脂肪が背中の方に流れてしまったりと育乳に良い影響がありません。

 

そのようなことにならないようにスポーツブラやナイトブラといった専用ブラをつけると良いでしょう!

 

他には過度なダイエットや食生活の偏りで栄養不足になったりすると、体を動かすエネルギーを胸の脂肪から得ようとするため胸が小さくなってしまう場合もあります。

 

また、タバコもNGです。

 

体に悪いというだけでなく、女性ホルモンを減少させ逆に男性ホルモンを活性化させるため育乳には悪影響と言っても良いでしょう

 

痩せ型体質の人のバストアップ

 

背中や脇に流れてしまった脂肪を胸に集める、という方法を度々紹介していますが、痩せていて寄せる脂肪が無い人もいることでしょう。

 

一度、太って付いた脂肪を胸に寄せるのは本末転倒かもしれませんが、実際カラダ全体がふっくらしたことでバストアップした!という人もなかにはいるかもしれません。

 

でもせっかく痩せているのに太るのは嫌という人がほとんどのはず。

 

そのような場合はバストアップに効果的な食事を採るようにしましょう。

 

代表的なのは大豆製品やキャベツ、鶏肉など。

 

関連記事: バストアップに有効な食べ物

 

それと同時にリンパマッサージをして、胸に栄養を届けやすくすると良いでしょう。

 

これは普段から冷え性やカラダの巡りが悪いという人にもオススメですよ♪

 

また、痩せ型体系の人もそうでない人も、サプリメントを使用するのも一つの方法です。

 

サプリメントを利用して、必要な栄養素をバストに補うことで、育乳効果が期待できます。

 

この時注意したいのはバストに有効な成分が配合されている商品を選ぶこと!

 

具体的には「ボロン」「大豆イソフラボン」「ジオスゲニン」「エクオール」などが配合されている商品がオススメです。

 

上記の成分が配合されている商品は主にネット通販で購入することができます。

 

通販を利用する場合は下調べをしっかりするようにしましょう!

 

一番確かなのは自分が試してみて、効果を実感することですが「購入する前に効果があるのかを知りたい」わけなので、口コミや体験談の意見を見て判断するしかありませんね。

 

効果はもちろんですが、含まれてる成分が自分に合っているかどうか、自分に似ているようなタイプを口コミや体験談から見つけてみたり、色々と参考にして、購入するようにすると良いでしょう!

 

 

TOPページではバストアップサプリの口コミまとめから効果検証して人気のベスト3選をランキング形式で紹介しています。サプリの有効的な飲み方やお得な販売店情報など有益な情報を掲載しています。